配偶者ビザ不許可の通知(お知らせ)と対処方法

配偶者ビザへの申請をしてしばらくすると入管から通知が届きます。
この通知には許可、不許可のいずれも記載されていません。
では不許可となった場合どのような通知が届くのか、またその通知を受け取った場合の対処方法を説明します。

目次

配偶者ビザ不許可の通知の見分け方

左の画像のように配偶者ビザが許可なのか不許可なのかは記載されません。
ですが許可、不許可を見分けることはできます。
①現金が必要。
許可の通知であった場合は収入印紙を持参するように指示があります。
②必ず本人が出頭しなければならない。
許可であった場合は法定代理人や申請取次者等の本人以外でも結果を受領できる旨が記載されています。

不許可だと思われる通知が届いた場合の対処方法

万が一配偶者ビザの申請が不許可となった場合でもいきなり帰国させられることはありません。
元のビザ(在留資格)の在留期間が経過していない場合はその期間内は今までどおり在留が可能です。また在留期間が経過している場合は出国準備の為の「特定活動」30日又は31日に変更されます。
そして不許可であった場合は1度だけ入管にその理由を聞くことができます。

不許可理由を聞くときの注意点

配偶者ビザが不許可となってショックのあまり感情的になったり審査官に詰め寄る方を見受けますが、既に不許可の処分がされている以上現段階では覆ることはありません。
そして理由を聞けるチャンスは1度きりです。
今回の申請は不許可でしたが再申請をすれば許可が出る可能性も十分残されています。
よって冷静にそして確実に審査官から不許可理由を聞き取る必要があります。

理由を聞くポイント

・そもそも申請した内容では許可はされない案件であった。
この場合は再申請をしたとしてもまた不許可になってしまいます。

・書類の不備や審査官の疑問を申請書類のなかで説明しきれていなかった。
の場合は申請書類を作成しなおして再申請すれば許可が出る可能性が残されています。

理由を聞きに行くときは行政書士等の専門家と同行をおすすめします

審査官から理由を聞けるチャンスが1度しか無い為、その1回で確実に理由を聞かなければ適切に配偶者ビザの再申請をすることができなくなります。
当事務所に同行をご依頼していただくことで審査官から聞くべき不許可理由のポイントを確実に押さえて、今後について的確にアドバイスをさせていただくことが可能になります。

理由を審査官に聞きに行った後に当事務所に配偶者ビザの再申請についてご相談があります。
その場合は理由を再び審査官から聞くことはできません。その場合は不許可となった申請書類を当方において再度確認して不許可の原因を推測し、再申請に向けて対策をする必要があります。この場合は審査官から直接に理由を聞いたわけではないので確実性はどうしても劣ります。
よって理由を聞きに行く場合は専門家に同行を依頼することをおすすめします。

当事務所では審査官への聞取り同行は25,000円(税抜き)でお承りしてます。
お気軽にご相談ください。
※弊所で申請を取次ぎしていない場合は入管から同席を拒否される場合があります。その場合は出入国管理局への出張費のみのご請求となります。

目次