在留資格変更許可申請とは

目次

在留資格変更許可申請【配偶者ビザへの変更】

在留資格変更許可申請は日本の在留資格(ビザ)をお持ちの方が他の在留資格(ビザに)変更するときに必要となります。

例えば

留学→技術人文知識国際業務

技術人文知識→配偶者ビザ

のようなケースです。

結婚したら必ず配偶者ビザへの変更が必要???

例えば技術人文知識国際業務をお持ちで日本で働いている方が日本人と結婚したとします。
このケースでは必ずしも配偶者ビザへの変更は必要ではないんです。

ではなぜ変更するの?

就労に制限がない

配偶者ビザ最大のメリットは就労制限が無いことです。(もちろん違法な職業は除きます)
留学ビザは基本的に働くことはできませんし、技術人文知識国際業務では決められた職種の範囲内でのみ働くことができます。

ではデメリットはある?

離婚をすると引き続き日本で生活するのが難しい

離婚をすることで配偶者ビザの条件に当てはまらくなってしまうんです。
そして離婚から6ヶ月経過すると在留資格取消の対象になってしまいます。
引続き日本で生活をしたい場合には他の在留資格(ビザ)への変更を検討しましょう。

配偶者ビザの審査は厳しい

配偶者ビザには学歴や実務経験は必要ありません。
手っ取り早く日本で暮らす手段として偽装結婚をする人が後を絶ちません。
こういった状況を踏まえて配偶者ビザの申請では真実の結婚であるかどうかを厳しくチェックされますので、準備を完璧に整えてから配偶者ビザの申請に臨むことが大切です。

配偶者ビザで大切なこと


結婚手続きが完了していることはもちろんですが、その他にも真面目な交際を経た結婚、つまり偽装結婚ではないことです。


特別に収入が多いことが求められるわけではなく、安定した収入があれば問題ありません。月収で20万円程度が目安です。

真面目に生活しているかどうかを審査されます。つまり、ルールを守って生活しているかどうか。心当たりがある場合でも正直に申告することが大切です。

配偶者ビザ申請の審査のポイント

配偶者ビザを申請するにあたって特に悩ましいこと、それは明確な基準が公表されていない
つまり審査官の裁量の幅が広いのです。
例えば、この要件をクリアしていて、この書類を添付すれば必ず配偶者ビザが許可される!ということではないのです。
また結婚に至るまでの状況はご夫婦によってさまざまです。
特に結婚の信ぴょう性に関しては知り合ったきっかけから結婚までのストーリーを整理して適切に立証することが求められます。

配偶者ビザへ変更する場合のお気を付けポイント

技能実習から配偶者ビザへの変更

技能実習から配偶者ビザへの変更は非常に難しくなります。
技能実習から配偶者ビザへの変更がまったく認められていないというわけではありませんが
監理団体や実習実施機関、送出機関の承諾が必要となりますので、現実的には特別な事情が
ない限り難しいです。
多くの場合一度帰国してから在留資格認定証明書交付申請を行い日本に来ることをおすすめします。

留学から配偶者ビザへの変更ならではの留意点



・学校への出席率、成績不良

・資格外活動でオーバーワークや不法就労

・退学、除名処分

配偶者ビザ・結婚ビザ料金

在留資格認定証明書交付申請

104,500円(税込)~

在留資格変更許可申請

104,500円(税込)~

在留期間更新許可申請

  55,000円(税込)~

配偶者ビザ・結婚ビザの詳しい料金はこちら→「料金表」

目次