滞在予定表の書き方【短期滞在ビザ】

滞在予定表(短期滞在)の書き方
滞在予定表の書き方
目次

短期滞在ビザの概要と滞在予定表について

外国籍の方が観光や親族・知人訪問、商用目的で日本に来る為のビザ(査証)が「短期滞在ビザ」です。
短期滞在ビザで日本に在留することができる期間は「15日」「30日」「90日」の3パターンが存在します。
また、一部の国、地域については短期滞在ビザに該当する目的で入国する場合にはビザが免除されます。

この記事では短期滞在ビザの申請に必要な書類のひとつである「滞在予定表」の書き方を記入例付きで解説します。

短期滞在ビザの在留期間はどのように選ぶ?

短期滞在ビザの在留期間は「15日」「30日」「90日」となっていますが、日本での滞在予定に合わせて短期ビザの申請時に選びます。
ここで気をつけたいのが、不必要に長い在留期間を選ばないことです。
短期滞在ビザは親族・知人訪問、商用目的で入国する為のビザですので、その目的を果たす為に必要な期間のみ許可されます。
例えば恋人と大阪を観光する目的で「90日」の在留期間で短期滞在ビザを申請した場合、本当に90日の期間が必要なのかが曖昧になりますので許可が難しくなります。
ですので短期滞在ビザの申請前にある程度計画を立てて合理的な在留期間で申請することを推奨します。

滞在予定表の書き方

滞在予定表記入例
滞在予定表の書き方・記入例

短期滞在ビザの滞在予定表には申請人が日本で予定している活動内容やその日程を具体的に記入していきます。
そして各滞在先の住所や連絡先も記入が必要です。

滞在予定表に記入する予定はあくまでも予定ですので全て予定通りの活動をしなければいけないというわけではありませんが、予定と大きく異ならないようにしましょう。

滞在予定表は申請人が日本でどういった活動をするのか、申請された在留期間が必要であるかを日本大使館・領事館が判断する為の大切な書類となりますので、書き間違えは避けたいところです。
特に日付はケアレスミスしがちですので注意が必要です。

それでは各パートに分けて滞在予定表の書き方について記入例付き解説します。

作成日・ビザ申請人

滞在予定表申請人
滞在予定表作成人・ビザ申請人書き方

滞在予定表を作成した年月日を記入します。書類の有効期限は記入した日付から3ヶ月となりますので、期限内に申請が間に合わない場合には作り直しが必要です。

ビザ申請人の名前はパスポートのとおりにアルファベットで書きます。

申請人が複数の場合にはその他申請人の人数を記入します。

滞在予定表1行目

滞在予定表到着
滞在予定表1行目の書き方

滞在予定表の1行目は申請人が入国する年月日を記入します。
出入国時に利用する便名や(空)港名が決まっている場合には記入します。国によっては申請時に船又は航空便の予約が必要となります。

年月日

基本的には1日ごとに記入しますが、同じ行動が続く場合には「20**年*月*日~20**年*月*日」とまとめて記入することも可能です。

行動予定

一日の行動予定をできるだけ具体的に記入します。
目的・行先の地名・施設名等

連絡先

日本滞在中の連絡先(招へい人及び身元保証人の電話番号)を記入します。
上段と同じ場合には「同上」として差し支えありません。

宿泊予定先

各日程の宿泊先の情報を記入します。
施設名・住所・電話番号等

上段と同じ場合には「同上」として差し支えありません。

帰国日の書き方

滞在予定表帰国
滞在予定表帰国日の書き方

滞在予定表1列目には出国地と到着地及び搭乗便番号を記入しましたが、帰国予定日についても出国地と到着地及び搭乗便番号(予約済の場合のみ)を記入します。

短期滞在ビザのサポートはおまかせください

私ども行政書士事務所は短期滞在ビザのサポートを行っています。
滞在予定表は在留期間が長ければ長いほど作成に時間を要します。
滞在予定表やその他短期滞在ビザの書類の作成・収集をすべて任せたいといったご要望にお応えいたします。

短期滞在サポート来所不要

WEBでご相談、お見積り、書類作成まですべて完結します

メールやLINEでヒアリングシートを送受信。

短期滞在全国サポート

全国からのお申込みに対応いたします。

本日2024年6月23日も即日返信いたします。

初回無料相談。お気軽にお問合せください。

電話受付時間8:30~19:00 お問い合わせフォーム、LINE、微信、24h受付中 

友だち追加

微 信 visa88nn

サポート内容

  • 必要書類のピックアップ
  • 申請理由書の作成
  • 招へい理由書の作成
  • 滞在予定表の作成
  • 身元保証書の作成

短期滞在ビザのご依頼の流れ

お問合せ

問合せフォーム、LINE、微信、TELよりお問合せください。
概略をお伺いさせていただき短期滞在ビザが取得できるかどうかを判断いたします。

お見積

お見積り・ご請求書を送付いたします。

申込

ご入金いただきましてお申込みの完了となります。

着手

お客様にご準備いただく書類をご案内いたします。
またヒアリングシートを送信いたしますのでご回答をお願いします。

短期滞在ビザの申請に必要な書類を作成いたします。

お客様に出来上がった書類を送付いたします。お客様より海外の申請人に書類を送付していただきまして、申請人から代理機関を通じて在外公館へビザ発給の申請をしていただきます。

短期滞在ビザサポート報酬額


35,000円+税

40,000円+税

45,000円+税

書類の収集サポートは+10,000円+税で承ります。

全国対応OK

当行政書士事務所は奈良県大和高田市を拠点に短期滞在・国際結婚や配偶者ビザ等の在留資格に関する申請のサポートを行っております。外国人と日本人の国際結婚手続きから配偶者ビザの申請までサポートが可能です。
オンラインを使用した全国対応OK。
日本全国、または海外からのご依頼が可能です。
初回相談無料。ご遠慮なくお問合せください。
ご相談は電話、LINE、微信、お問合せフォームより受付中です。

配偶者ビザサポートTOP

目次