配偶者ビザに日本語能力は必要?

配偶者ビザの申請(新規取得・変更)では日本語能力についても影響があります。この記事では配偶者ビザに変更する場合または新規に取得する場合の日本語能力やお互いの会話の理解方法について解説します。

目次

配偶者ビザと日本語能力の関係

配偶者ビザの申請には質問書の添付が必要となります。質問書はあなたへの質問事項が書いてあり、その中に「夫婦間の会話で使われている言語」についての質問があります。そこでは日本語の理解についての質問があります。このことから日本語の能力について、審査に影響があると考えられます。

配偶者ビザに日本語能力が必要な理由

配偶者ビザの申請をすると偽装結婚ではないかどうかの審査がされます。お互いが会話で意思疎通をできるからこそ結婚に至ることができると考えられますので、意思疎通の手段としての日本語能力についても問われます。

日本語以外の言語で会話が成立する場合は?

配偶者ビザの申請では日本語能力は重要ではありますが、お相手が日本語を理解することができない場合であっても夫婦がお互い理解することができる言語で会話が成立していれば問題ありません。

お互いの言葉の理解度と配偶者ビザへの影響

質問書においても日本語の能力やお互いの言葉の理解度について詳しく記載を求められます。このことから入管の審査においても言葉の理解度は重視されていることがわかります。また言葉が通じないことが原因で配偶者ビザの申請が不許可になることが実際にあります。

弊所での対応事例

弊所が過去に受任した日本語能力に関する事例をご紹介します。

外国人である奥様が日本語を概ね理解することができず、また日本人である旦那様もお相手の国の言葉を理解できないという方からご依頼をいただきました。

対応① 詳細な状況のヒアリング

実際にご結婚にまで至っておられるので、言葉が理解することができなくても必ず何か意思疎通方法があるのではないかと思い、ヒアリングをさせていただきました。普段の連絡はLINEで翻訳機能を通して連絡を取っておられるようでした。しかし、翻訳機能だけで意思の疎通をとっているというだけでは偽装結婚ではないことの立証は難しいです。そこでさらにヒアリングを進めました。

対応② 奥様のご親族からの嘆願書を添付

ヒアリングでわかったことは、奥様のご親族が日本に長年在留しているとのことでした。そして、そのご親族の紹介で旦那様と知り合い、結婚までお二人に付き添って通訳をしてもらったとのことでした。そこで、ご親族からの嘆願書を作成し、ご親族がお二人の結婚までサポートしたことを説明しました。

まとめ

真実の結婚をされたお二人には、お互いの言語での意思の疎通ができなくても、他に何か意思疎通方法があるはずです。奥様、旦那様の日本語能力にご不安のある方は弊所にご相談ください。

こんにちは。本日2024年4月24日も即日返信いたします。

初回無料相談。お気軽にお問合せください。

電話受付時間8:30~19:00 お問い合わせフォーム、LINE、微信、24h受付中 

友だち追加

微 信 visa88nn

配偶者ビザ料金

標準プランフルサポートプラン書類チェックプラン
在留資格認定証明書交付申請
95,000円+税

在留資格変更許可申請
95,000円+税

在留資格更新許可申請
35,000円+税


コストを抑えたプラン

在留資格認定証明書交付申請
125,000円+税

在留資格変更許可申請
125,000円+税

在留資格更新許可申請
50,000円+税


配偶者ビザの申請を完全サポート
在留資格認定証明書交付申請
50,000円+税

在留資格変更許可申請
50,000円+税

在留資格更新許可申請
30,000円+税


ご自身で書類収集・作成ができる方へ
全国対応OK

当行政書士事務所は奈良県大和高田市を拠点に国際結婚や配偶者ビザの取得のサポートを行ってます。
外国人と日本人の国際結婚手続きから配偶者ビザの申請までサポートが可能です。
初回相談無料。ご遠慮なくお問合せください。
ご相談は電話、LINE、微信、お問合せフォームより受付中です。

配偶者ビザサポートTOP

目次