ビザの特例期間とは

目次

ビザの特例期間とは

30日以下の在留期間を除くビザで在留する外国人が在留期間更新許可申請又は在留資格変更許可申請を行った場合に,当該申請に係る処分が在留期間の満了の日までになされないときは,当該処分がされる時又は在留期間の満了の日から二月が経過する日が終了する時のいずれか早い時までの間は,引き続き従前のビザ(在留資格)をもって日本に在留することができます。
これを「ビザの特例期間」といいます。
また、就労が可能なビザをお持ちの場合は特例期間中も働くことができます。ただし、資格外活動はできません。

ビザの特例期間には2種類の数え方があり、下記いずれかの早い時まで適法に在留することができます。

①結果が下りたとき

在留期間更新・在留資格変更許可申請をしてから結果が下りるまでに在留期間の満了日を過ぎた場合であっても、結果が下りるまでの間は適法に日本に在留することができます。

例示
在留期間   4月1日まで
在留期間更新を4月1日に申請
結果が出た日 5月1日
この場合は5月1日までは在留することができます。(在留期間更新申請が許可されたときは5月1日以降も在留可)

②在留期間の満了の日から二月が経過する日が終了する時

在留期間更新・在留期間変更許可申請をしてから結果が下りるまでに在留期間の満了日を過ぎた場合であっても、在留期間満了日から2カ月間は適法に日本に在留することができます。
例示
在留期間   4月1日まで
期間更新申請 4月1日
結果が出ていない
この場合は6月1日までは在留することができます。

在留期間更新・在留期間変更許可申請をして特例期間中に結果が出たが不許可の場合はどうなる?

不許可であった場合には在留資格「特定活動」に変更することができます。その場合には「30日」又は「31日」の在留期間が付与されます。

短期滞在から在留資格変更許可申請をした場合でも特例期間は適用される?

「15日」や「30日」の短期滞在である場合には特例期間は適用されませんが、「90日」の短期滞在であれば特例期間が適用されます。

特例期間中に出国した場合、再入国できますか?

特例期間中に出国した場合であっても再入国許可や、みなし再入国許可を取っての出国が可能です。
ただし、再入国期限や特例期間が経過するまでに入国し、申請の結果を受取る櫃ようがあります。
また、出国中は入管からの連絡を受けることが難しくなりますので、できるだけ早く再入国されることをおすすめします。

特例期間中であることをどうやって証明しますか?

在留期間更新・在留期間変更許可申請をすると在留カードの裏面に、申請中であることがわかるようにスタンプが押されます。

オンライン申請をした場合に特例期間中であることをどうやって証明しますか?

オンラインで在留期間更新・在留期間変更許可申請をした場合には在留カードの裏面には何も記載されませんので、オンライン申請後に届く「受付完了」のメールを携行するようにします。

初回無料相談受付中
TEL090-6213-5564
LINE(ID:visa88nn)
微信(ID:visa88nn)
お問い合わせ

返金保証制度有り
万が一の不許可の場合
返金保証制度があります
「返金保証制度」

ご来所不要
オンラインでの面談によりお客様にご来所して頂く必要は御座いませんもちろんご来所して頂くことも可能です

メールでもご相談ください
メール(問合フォーム)にも誠心誠意お答えすることをお約束します

標準プランフルサポートプラン書類チェックプラン
在留資格認定証明書交付申請
95,000円+税

在留資格変更許可申請
95,000円+税

在留資格更新許可申請
35,000円+税


コストを抑えたプラン

在留資格認定証明書交付申請
125,000円+税

在留資格変更許可申請
125,000円+税

在留資格更新許可申請
50,000円+税


配偶者ビザの申請を完全サポート
在留資格認定証明書交付申請
50,000円+税

在留資格変更許可申請
50,000円+税

在留資格更新許可申請
30,000円+税


ご自身で書類収集・作成ができる方へ
配偶者ビザ料金表

    必須お名前

    必須メールアドレス

    お電話番号

    必須目的

    必須ご希望の返信方法

    必須ご相談内容

    全国対応OK

    当行政書士事務所は奈良県大和高田市を拠点に国際結婚や配偶者ビザの取得のサポートを行ってます。
    外国人と日本人の国際結婚手続きから配偶者ビザの申請までサポートが可能です。
    オンラインを使用した全国対応OK。
    日本全国からのご依頼が可能です。
    初回相談無料。ご遠慮なくお問合せください。
    ご相談は電話、LINE、微信、お問合せフォームより受付中です。

    配偶者ビザ大阪・奈良サポートTOP


    目次