新潟県の配偶者ビザの申請を行政書士が代行します

新潟県での配偶者ビザ取得をオンラインで解決。ご来所不要

当行政書士事務所では新潟県での配偶者ビザ・結婚ビザ取得のサポートを行ってます。相談は初回無料お問合せフォーム、お電話(090-6213-5564)、微信(ID:visa88nn)、LINE(ID:visa88nn)からご連絡ください。ご来所は不要。オンラインだけでご依頼から配偶者ビザの許可まで対応が可能です。新潟県で配偶者ビザ・結婚ビザをお考えの方、ぜひお問合せください。

愛知県(名古屋)の配偶者ビザ情報

本日2024年7月14日も即日返信いたします。

初回無料相談。お気軽にお問合せください。

電話受付時間8:30~19:00 お問い合わせフォーム、LINE、微信、24h受付中 

友だち追加

微 信 visa88nn

海外からもご相談ください

海外にお住まいの方がご夫婦で新潟県に帰国される際の配偶者ビザ取得サポートも可能です。

海外から新潟県に帰国するご夫婦からのご相談も嬉しいことにたくさんいただいております。その際にご両親になるべく負担をかけたくない(ご両親の協力が必要になる場合があるため)。というご相談をいただきます。その度に「どうすれば最もご両親の負担を軽減できるのだろう?」と試行錯誤し、現在は最もスムーズな方法を確立しました。日々サポートは進化します。

また、海外から帰国される際に「日本での仕事が決まっていない」「帰国してから仕事を探す」というご相談もいただきます。この場合、配偶者ビザが取れるのか心配されますが、帰国してから就職活動を行う事はごく自然ですので、「ご心配いりませんよ」とお伝えしています。Zoom面談時に対処方法を検討しましょう。

お気軽にご相談ください

外国人の方とコミュニケーションが取れるこのお仕事にとても生きがいを感じています。「もっと積極的に契約の為のセールストークをしていいのでは?」と周囲からは言われることもありますが、お客様が無駄な費用を使わずにビザを取得することができることを最優先したいという思いから、契約を強く催促するようなことはしていません。それでも自分を必要とし、ご依頼してくださる方がいらっしゃることは本当に幸せです。お客様お一人お一人に誠心誠意サポートさせていただきますね。

就労ビザ→配偶者ビザへの変更もお任せください

就労ビザで日本にいる外国人が日本で結婚した場合には必ずしも配偶者ビザへの変更が必要とは限りません。
つまり、現在の就労ビザの在留期間が来るまでは就労ビザのままで日本で結婚生活をすることができます。
しかし、配偶者ビザへの変更をしておくことでいくつかのメリットもあります。

メリット1 就労に制限が無い

就労ビザでは決められた仕事のみすることができますが、配偶者ビザでは就労に制限はありません。

メリット2 仕事を辞めてもビザの取消が無い

就労ビザは仕事を辞めた後に就職活動などをせずに3か月経過するとビザが取り消される可能性があります。
配偶者ビザでは仕事を辞めてもビザを取消されることはありません。
※離婚をしてから6か月経過すると配偶者ビザが取り消される可能性はあります。

配偶者ビザに変更しない方が良いケースもあります

例えば高度専門職はさまざまな優遇措置を受けることができるので配偶者ビザに変更しないほうが良いケースがあります。

在留資格 高度専門職のメリット

海外の両親を日本に呼ぶことができる

・永住許可の居住要件が大幅に緩和される(日本人の配偶者も永住許可の居住要件が緩和されます)

・在留期間が5年付与される

・在留資格の変更や更新の審査期間が短い

・家政婦の帯同が可能

過去に配偶者ビザが不許可になったがもう一度申請したい

配偶者ビザが不許可になった後の再申請は1度目の申請よりもさらに慎重に申請する必要があります。
というのも一度不許可になっている件なので入管の審査もおのずと厳しくなります。
当行政書士事務所では配偶者ビザが一度不許可になった方の再申請にも対応いたします。

配偶者ビザ再申請の準備

・入管に申請する場合には申請書一式の写しを残しておく

再申請を行政書士等の専門家に依頼する場合に申請書の写しがあると、不許可の理由を推測するのに役に立ちます。

入管に理由を聞きに行く際のポイント

配偶者ビザが不許可になった場合には1度だけ入管に理由を聞きに行くことができます。
入管で理由を聞く場合のポイントを紹介します。

まずは落ち着いて審査官の話を最後まで聞く

審査官の説明を最後まで聞いて、内容を理解するように努めます。
審査官の話を遮って感情的に反論するのは絶対にしてはいけません。

わからない点があれば質問する

審査官の説明を聞き終えて、わからない点がある場合には質問します。
審査官によっては抽象的にしか説明をしてもらえないこともあります。
具体的に知りたい事がある場合や理解できない点がある場合には質問しましょう。

再申請で許可の可能性があるか質問する

不許可の原因となった問題を解決したとして、再申請した場合の許可の可能性があるかどうかを質問してみましょう。

最後に、他に不許可理由があるか質問する

審査官は不許可理由を自発的に全部教えてくれるとは限りません。
一通り質問し終えたあとに他に不許可になった理由や問題点があるか質問するようにしましょう。
再申請して許可を受けるには全ての問題をクリアしておく必要があります。

不許可の原因となった問題をすべてクリアして再申請に臨む

配偶者ビザの再申請は1度目の申請よりも更に厳しく審査されますので慎重に準備をする必要があります。
また、前回の申請内容とつじつまが合っていることも重要となります。
不許可の原因がすべてわからずに不安、もう失敗したくないという方、お気軽に当事務所にご相談ください。

配偶者ビザ・結婚ビザ のご相談事例

相手の言葉がわからない

出会い系サイトで知り合った

結婚紹介所を介して知り合った

SNSで知り合った

年齢差が大きい

離婚を繰返している(日本人同士の離婚を除く)

水商売系の店で知り合った

お二人一緒に撮った写真が無い

交際期間が短いスピード婚である

別居中

無職である

素行に不良がある(納税義務や交通違反等)

これらの事例に当てはまる場合であってもそれぞれお客様の状況に合わせて、生活の安定性やまじめに交際した後の結婚であることをしっかりと入管に示すことができれば許可の可能性はあります。

当行政書士事務所にできること

当行政書士事務所では配偶者ビザ・結婚ビザに関する申請の書類の作り方がわからない、必要書類がわからない、許可されるかどうか不安といったお客様のサポートを行っています。
まだ依頼するかどうか検討中の方もご連絡ください。お見積いたします。新潟県で配偶者ビザ・結婚ビザをお考えの方、お気軽にお問合せください。

新潟県からのご依頼

ご来所不要。オンラインでご依頼、手続きを進めることができます。

ご来所不要。メールやお電話、LINE、微信からご連絡ください。オンラインでご依頼、配偶者ビザ・結婚ビザの取得手続きを進めることができます。
また当事務所の所在地は奈良県ですが、オンラインにより新潟県の方の配偶者ビザ・結婚ビザを申請することができます。

出入国管理局、役所、税務署に何度も行く必要はありません。

お客様ご自身で申請される場合に出入国管理局への相談や書類収集の為に各官公庁へ何度も足を運ぶことになりますが、当行政書士事務所にご依頼していただいた場合にはこちらでお客様に代わってすることができる手続きは全て丸投げして頂くことが可能です。貴重なお客様のお時間を無駄にすること無く、ご依頼→配偶者ビザ・結婚ビザ申請→許可までスムーズに完結します。

当事務所の特徴

とりあえず見積OK  

依頼するかどうかわからないけど見積をほしいというご要望も大歓迎です。
「とりあえず見積OK」

電話相談OK

ご来所は不要です。電話でご相談が可能です。
(℡090-6213-5564)
「電話相談OK」

返金保証制度有り

安心の返金保証。
万が一不許可の場合には全額返金いたします。
「返金保証制度」

追加料金無し 

最初にご提示した費用から追加作業が出た時でも追加料金は頂きません。
「追加料金無し」

初回相談無料

私ども行政書士事務所は初回相談無料です。お気軽にお問合せください。
「無料相談」

全国対応

ご来所不要で全国どこからでもご依頼していただけます。
「日本全国対応」

どのお手続きをご希望ですか?

在留資格認定証明書交付申請

海外にいる外国人の奥様やご主人と日本で暮らすには「在留資格認定証明書交付申請」が必要です。
詳しくはこちら→「在留資格認定証明書交付申請」

在留資格変更許可

既に日本のビザ(在留資格)をお持ちの方が配偶者ビザに変更するには「在留資格変更許可申請」が必要です。
詳しくはこちら→「在留資格変更許可申請」

在留期間更新許可

現在お持ちの配偶者ビザの期限が近づいた場合の期間を更新する為の手続きが「在期間更新許可申請」です。
詳しくはこちら→「在留期間更新許可申請」

配偶者ビザ・結婚ビザ料金

在留資格認定証明書交付申請

104,500円(税込)~

在留資格変更許可申請

104,500円(税込)~

在留期間更新許可申請

  55,000円(税込)~

配偶者ビザ・結婚ビザの詳しい料金はこちら→「料金表」

新潟県の出入国在留管理局(出張所)

東京出入国在留管理局 新潟出張所

〒950-0001
新潟県新潟市東区松浜町3710 新潟空港ターミナルビル

窓口受付時間9時~16時 (土・日曜日、休日を除く)

新潟県での配偶者ビザ・結婚ビザご依頼の流れ

STEP
ご相談 お見積り

お電話、お問合せフォームよりご連絡ください。
お客様にヒアリングさせていただきまして、お見積額を提示いたします。

STEP
お申込み

お見積額にご納得していただけましたら、申込書とヒアリングシートを送付いたしますので、ご記入後当事務所にご返信していただきますとお申込み手続きが完了です。

STEP
書類の収集・作成→入管へ申請

当事務所で必要書類を官公庁から取り寄せます。
当事務所では取得できない書類がある場合にはお客様にご案内いたします。
準備が出来次第、入管に申請します。

STEP
許可

入管への申請から1ヶ月から3ヶ月で入管から結果の通知が送られてきます。

新潟県の対応地域

新潟市,長岡市,小千谷市,見附市,三条市,加茂市,燕市,弥彦村,田上町,柏崎市,出雲崎町,刈羽村,新発田市,胎内市,聖籠町,五泉市,阿賀野市,阿賀町,十日町市,津南町,村上市,関川村,
粟島浦村,糸魚川市,上越市,妙高市,佐渡市,魚沼市,南魚沼市,湯沢町

全国対応OK

当行政書士事務所は奈良県大和高田市を拠点に国際結婚や配偶者ビザの取得のサポートを行ってます。
外国人と日本人の国際結婚手続きから配偶者ビザの申請までサポートが可能です。
オンラインを使用した全国対応OK。
新潟県全域からのご依頼が可能です。
初回相談無料。ご遠慮なくお問合せください。
ご相談は電話、LINE、微信、お問合せフォームより受付中です。