国際結婚

目次

国際結婚のビザ(日本人の配偶者等)とは

外国人と日本人が結婚して日本で暮らすには、結婚を成立させてかつ外国人の配偶者は在留資格(ビザ)を取得しないと日本で結婚生活を送ることはできません。(既に在留資格をお持ちの場合はその在留期間内は現在の在留資格のままで日本に滞在することは可能です。)
また国際結婚をした場合に「日本人の配偶者等」ビザ(在留資格)を取得しておくとメリットもいくつかあります。

日本人の配偶者等のメリット

・就労資格に制限が無い。
・永住許可の条件が緩和される。

日本人の配偶者等のデメリット

・死別・離婚で在留資格該当性を失う

国際結婚をする場合でビザ(在留資格)のご検討をされる場合は以上を踏まえてご検討されることをおすすめします。

中国人との国際結婚手続き

中国人との国際結婚手続きの流れを解説します。
まず日本と中国の法律に沿って国際結婚手続きをすすめていく必要があります。
また女性の再婚の場合は100日の婚姻禁止期間に注意しなければなりません。
国際結婚の手続きには先に日本で婚姻手続きをするか、先に中国で婚姻手続きをするか2通りの選択肢があります。
状況によりどの国で先に婚姻手続きをするか検討する必要があります。

先に中国で婚姻手続きをする

STEP
日本人の婚姻要件具備証明書(独身証明書)を取得する

中国人と国際結婚をする場合まず必要なのは「婚姻要件具備証明書」です。
「婚姻要件具備証明書」は日本の法務局で取得することができます。
法務局で取得した「婚姻要件具備証明書(独身証明書)」は「外務省」と「在日中国大使館」の認証を受ける必要があります。さらに中国語の翻訳が必要となります。

法務局での必要書類

①戸籍謄本
②身分証(免許証等)
※離婚歴のある方→離婚届受理証明書
 配偶者が死亡している方→死亡届受理証明書

※必要書類については提出先に事前確認をしていただくことをおすすめします。

STEP
中国で結婚手続き

国際結婚をする日本人と中国人が一緒に中国人の戸籍所在地の省、自治区、直轄市の结婚登记处にて婚姻手続きをします。
手続きが完了すると「结婚证」を発行してもらい、正式に結婚が成立します。

日本人が日本で準備する書類

・「婚姻要件具備証明書(独身証明書)」 ※「外務省」と「在日中国大使館」の認証が必要です。
・「婚姻要件具備証明書(独身証明書)」の中国語訳
・パスパート(旅券)

中国人が準備する書類

①居民户口簿
②居民身份证
③結婚状況証明書(自らに配偶者がなく、相手と直系血縁ではなく、3代以内の親戚でもないことを表明)
③护照(パスポート)

上記の必要書類につきましては结婚登记处によって取扱いが異なることがありますので事前確認されることを推奨します。

STEP
日本政府に結婚届を提出

日本政府へ結婚を届出る方法は2通りあります。

日本に持ち帰って本籍又は住民登録のある市区町村に直接提出する方法

必要書類
①婚姻届
②結婚証明書(中国公証処発行の公証書)
③中国人配偶者の国籍証明書(中国公証処発行の公証書)
④中国人配偶者の出生証明書(中国公証処発行の公証書)
⑤日本人の戸籍謄本(本籍地以外の役場に届出る場合)
※上記②③④については日本語訳が必要です、役所によって要・不要があるので事前に確認することを推奨します。
※日本人1人で手続きができます。

在中国日本国大使館(領事館)に提出する

必要書類
①婚姻届
②日本人の戸籍謄本(3ヶ月以内)
③結婚証明書(中国公証処発行の公証書)
④中国人配偶者の国籍証明書(中国の公証処発行の公証書)
⑤日本人のパスポート
※上記③④は日本語訳が必要です。(翻訳者名及び日付の記入が必要です)
※登記手続完了までに2カ月程度かかりますので、日本人が帰国予定である場合は日本で提出されることをお勧めします。

※死別・離婚歴が有る場合はそれにともなう添付書類が必要となります。
※各役所により求められる書類が異なる場合もありますので、事前に確認することを推奨します。

STEP
在留資格変更許可を申請する

中国人配偶者が現在取得しているビザ(在留資格)を「日本人の配偶者等」へ変更します。
※この在留資格変更許可申請は必ずしも必要ではありません。

先に日本で結婚手続きをする

先に日本で結婚手続きをする場合は日本の役所に結婚手続きをするだけでかまいません。(中国への結婚手続きは必要ありません。)
もしも中国人に日本でのビザ(在留資格)が有り、日本に滞在している場合は、先に日本で結婚手続きをするほうが中国で結婚手続きを先にするよりもよいです。
ただし「短期滞在」で在留する中国人の場合は中国人の婚姻要件具備証明書が中国大使館から発行されない可能性があるので注意が必要です。事前に確認することをおすすめします。

STEP
中国人の婚姻要件具備証明書(独身証明書)を取得する

駐日中国大使館で中国人の婚姻要件具備証明書(独身証明書)を取得します。

中国大使館での必要書類

①在留カード
②パスポート(护照)
③住民票(状況により必要です)
④申請書

※「短期滞在」で在留している方には発行されない可能性があるので必ず事前確認をしてください。

STEP
日本の市町村役場で結婚手続き
日本の市町村役場での必要書類

①婚姻届
②戸籍謄本(本籍地以外で提出する場合のみ必要です)
③パスポート(护照)
④結婚要件具備証明書
※③④は日本語訳が必要です。

※各役所により求められる書類が異なる場合もありますので、事前に確認することを推奨します。

日本の市町村役場で結婚手続きをした後は中国でも婚姻が有効とされるので、駐日の中国大使館に婚姻を届ける必要はありません。これで国際結婚手続きは完了です。

STEP
中国人の在留資格変更許可を申請する

中国人配偶者が現在取得しているビザ(在留資格)を「日本人の配偶者等」へ変更します。します。
※この在留資格変更許可申請は必ずしも必要ではありません。

STEP
中国人配偶者本国の户口薄の変更

上記国際結婚手続きを完了したとしても、中国人配偶者の本国の户口薄の記載が「未婚」のままとなりますので、中国に何か御用で戻られたときに户口薄の記載を「未婚」から「既婚」に変更するとよいでしょう。

韓国人との国際結婚手続

韓国人は査証免除がされているので90日以内の滞在であればノービザで来日をすることができます。
韓国人との国際結婚手続きをすすめる場合は、先に韓国人が来日して国際結婚手続きを完了し、「短期滞在」→「日本人の配偶者等」に在留資格変更許可申請をするのがスムーズなのでおすすめです。

先に日本で国際結婚手続きする 先に韓国で国際結婚手続きをする

①韓国人の基本証明書、婚姻関係証明書を駐日韓国領事館で取得します。(日本語訳の作成が必要です)


②日本の市区町村役場にて婚姻を届出て婚姻受理証明書の発行を受けます。


③駐日韓国領事館に結婚の報告的届出をする。


④地方入管局へ韓国人配偶者の在留資格を「短期滞在」から「日本人の配偶者等」に変更申請をする。

①日本人が日本の市区町村役所にて、戸籍謄本1部を取得する。


②韓国に渡航して2人揃って在韓国日本領事館にて日本人の婚姻要件具備証明書の発行を受ける。(韓国語訳が必要です。)


③韓国人配偶者の登録基準地(本籍地)もしくは住民登録地で婚姻の届出をする。


④韓国にある日本大使館または、日本の市町村役場に結婚の報告的届出をする。


⑤日本人配偶者の居住地を管轄する地方入国管理局へ、韓国人配偶者の在留資格認定証明書交付申請「日本人の配偶者等」を行う。

①の必要書類
韓国人の戸籍謄本(未婚事実記載のもの)
韓国人のパスポート
国民証明書

②の必要書類

・日本人の戸籍謄本(必要に応じて除籍謄本)
・日本人のパスポート
・韓国人の婚姻関係証明書
・韓国人の身分証名書(住民登録証、運転免許証、パスポートのいずれか)

②の必要書類
婚姻届
・日本人の戸籍謄本
韓国人のパスポート
基本証明書(日本語訳が必要です。)
婚姻関係証明書
外国人登録証(日本在住の場合のみ)

 ③の必要書類
・日本人の婚姻要件具備証明書(韓国語訳が必要です)
・日本人のパスポート
・日本人の戸籍謄本
・韓国人の婚姻関係証明書・家族関係証明書
・韓国人の住民登録証

 

④の必要書類(日本の市町村役場に届出る場合)
・韓国人の婚姻関係証明書(日本語訳が必要)
・韓国人のパスポート(来日してる場合)
・日本人の身分証
・日本人の戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)

上記必要書類につきましては提出先によって異なる場合がありますので事前に提出先へのご確認をお願いします。

 

フィリピン人との国際結婚手続き

フィリピン人がフィリピンにいる場合に、フィリピン人との国際結婚手続きを日本で先にする場合には来日のために「短期滞在」ビザ(在留資格)を取得する必要があるため、日本人がフィリピンに渡航して国際結婚手続きをするほうがスムーズであるといえます。
既にフィリピン人が何らかのビザ(在留資格)を取得して日本に在留している場合は先に日本で結婚手続きをするケースが多いといえます。

先に日本で国際結婚手続きをする

先にフィリピンで国際結婚手続きをする

①駐日フィリピン大使館で結婚要件具備証明書を取得する。
②日本の市町村役場で婚姻の届出をする。
③駐日フィリピン大使館へ婚姻の届出をする。

①在フィリピン日本大使館で結婚要件具備証明書を取得する。
②フィリピン市区町村役場で婚姻許可証(マリッジライセンス)を取得する。
③挙式を行い、婚姻証明書を取得する。
④日本の市区町村役場、又は日本大使館に結婚の届出をする。

①での必要書類
日本人が準備する書類
A.戸籍謄本
B.改正原戸籍または除籍謄本(場合により必要)
・パスポートサイズの証明写真 3枚
上記AとBは原本とコピーが必要です。
フィリピン人が準備する書類
A.パスポート
B.在留カード
C.フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書
D.フィリピン外務省認証済みPSA発行の独身証明書(CENOMAR)
・パスポートサイズの証明写真 3枚
両親の同意宣誓供述書(18歳以上20歳以下の場合のみ)
両親の承諾宣誓書(21歳以上25歳以下の場合)

上記A~Dは原本とコピーが必要です。

①での必要書類
日本人が準備する書類
・戸籍謄本
・改製原戸籍または除籍謄本(場合によって必要です)
・パスポート
・ 法定代理人の婚姻同意書(未成年者の場合のみ)
フィリピン人が準備する書類
・出生証明書 PSA発行のもの

②での必要書類

日本人が準備する書類
・戸籍謄本(本籍地以外で提出する場合のみ)
フィリピン人が準備する書類
・婚姻要件具備証明書
PSA発行の出生証明書

④での必要書類(日本の市区町村役場に提出する場合)
日本人が準備する書類
・戸籍謄本(本籍地以外で提出する場合のみ)
フィリピン人が準備する書類
・PSA発行の婚姻証明書
PSA発行の出生証明書

③での必要書類
日本人が準備する書類
A.パスポート
B.婚姻届の記載事項証明書
C.戸籍謄本(婚姻事項が記載されているもの)
A~Cのコピー  4通
・パスポート用サイズの証明写真  4枚
・ 返信用封筒レターパックプラス
フィリピン人が準備する書類
・パスポート婚姻届の届出遅延供述書(フィリピンへの婚姻届が日本での婚姻後30日以降になされた場合)
・パスポートサイズの証明写真 4枚

④での必要書類(在フィリピン日本大使館に提出する場合)
日本人が準備する書類
・戸籍謄本 2通
・パスポート
フィリピン人が準備する書類
・ PSA発行の婚姻証明書+日本語翻訳文 格2通
・ PSA発行の出生証明書+日本語翻訳文 格2通
・ 婚姻要件具備証明書のコピー
・婚姻許可証及び婚姻許可申請書のコピー
・ パスポート

上記必要書類につきましては提出先によって異なる場合がありますので事前に提出先へのご確認をお願いします。

目次